世界体操

 カナダで開催された世界体操選手権で、白井健三選手が見事個人総合銅メダルを獲得しました。内村選手の怪我による棄権は大変なショックでしたが、インタビューから感じられた両名の日頃の友情と切磋琢磨の様子には感動しました。 考えてみれば6年間大きな怪我もなく本番を乗り越え6連覇を成し遂げた内村選手は本当に偉大ですね。きっと次の大会では二人のいい意味での競い合いが見られるに違いないので今から楽しみです。 全てのスポーツそしてピアノの演奏にも共通することですが、毎日の練習の継続が大切なのだなと改めて感じました。演奏会の本番は特にアンプの不安が付きまといがちで、なかなか普段通りの演奏ができないものですが、白井選手が練習の積みあげにより揺るぎない自信を持つ姿を見習わねばと感じました。
[PR]
by boscopiano | 2017-10-13 18:07